FC2ブログ
3人の子のかあさん,元保育士、目指せパン職人!

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


かあさんの中耳炎はあいかわらず治っていませんが、

長男が熱で学校から電話が入りました!

もしやインフル!?

ドキドキして様子を見ていましたが、嫌な予感は外れ、ただの喉かぜだったようです。

健康がいちばん!!ですね。
スポンサーサイト
 


かあさんが中耳炎になってから 20日たつ。

それは長い長い20日間。

だって左耳がずっと聞こえないんですもの。。。

発端は夜更かしの末の風邪。

鼻水を強く噛んだり、すすったりで鼓膜がへこんで中耳炎。

子を産んで初めて耳鼻科に行き、中耳炎はこれで3回目。(前回2回は痛みが中心)


今回は耳に水がず~とはいっているような、山に登ってキ~ンとしたのがツバを飲み込んでもとれない時のようなスッキリしない感じ。


もう4度耳鼻科に行ったけど、鼻水ともに治る気配なし(+_+)


片耳が聞こえず普段の生活をするというのはどんなに不便かというのを思い知らされた。

まず、当たり前だが、聞こえないから、他人の話を何度も聞きなおす

そして、歩く時もフラフラと感覚が鈍る。

車の運転も危険。車幅が分からず郵便局にぶつかったりする。

そんな中、今日子どもたちとアスレチックに行ってきた。

平衡感覚のとれない かあさんをおいてどんどん子どもたちは行ってしまった!

かあさんの場合、鼻水を止めて、それから耳の治療。

治らなかったら手術。

あ~早く、すっきりしたいわ!!

 


サンワダイレクトさんよりアルバム製本キットのモニターをさせていただきました<(_ _)>

商品はこちら→JP-ALB25インクジェット簡単アルバムキット(B5・両面半光沢)

2Lサイズのアルバムですが、表紙・裏表紙は布素材であたたかみがあります(*^_^*)

このインクジェット簡単アルバムキット(B5・両面半光沢)の作製方法は簡単に言うと、

1、PCで写真を編集などしてテンプレートに順番に貼り付けていく。
2、プリンターで印刷する。
3、説明書にしたがい、シールを貼り付けたり、のりをつけ製本をする。

かあさんは、1の写真編集や加工にかなり時間がかかりました。

   写真だけでは寂しいのでワードから合うイラストを選んでいたので・・

2、の印刷は両面印刷になるため、用紙の向きに注意が必要です!

  うっかりして2枚ムダにしてしまいました(+_+)

3、の糊付け作業は楽しい♪
  その昔事務職で、裏紙を切りボンドでくっつけて、メモ用紙を作っていたことを思い出しました(*^_^*)


~そしてできあがりました~

表紙  布素材                        裏表紙
CIMG59031.jpg     CIMG5910.jpg

中身  半光沢
CIMG5905.jpg  CIMG5906.jpg  CIMG5908.jpg

自分で作ったアルバムは時間のかかった分、全てオリジナルなので、とーっても愛着がわきますね♪
子どもたちもパラパラと気軽にみれるのがうれしいようです(*^_^*)

デジカメ写真がプリントされずに残っている方に手作りアルバムをおすすめいたします!

ちなみにインクもサンワさんで購入しました。

今回はメーカー正規品でしたが、リサイクルインクや詰替えインクもあってお徳です☆
  (サンワダイレクト:PC周辺機器ならお任せください!:詰替えインク

サンワさん、ありがとうございました!次回はもっと効率UP↑できます♪


他にも
インクジェット簡単アルバムキット(A4・両面半光沢)(A4サイズ)
インクジェット簡単アルバムキット(2Lサイズ・つやなしマット)(リングつや消し)
インクジェット簡単アルバムキット(正方形サイズ・つやなしマット)(正方形・リング)

などいろんな手作りアルバムが楽しめますよ(*^_^*)
 


かあさんの大好きな絵本作家の1人、かがくいひろしさんが9月28日、すい臓がんのためお亡くなりになられました。

代表絵本にだるまさんが、 だるまさんのなどの
だるまさんシリーズがありますが、かがくいさんの本はかあさんも子どもたちも<
ぜ~んぶ大好き☆で、ほとんど読んでいると思います。

かあさんが特に好きなのは、
ふしぎなでまえ
おもちのきもち
おむすびさんちのたうえのひ
はっきよい畑場所
まくらのせんにん(さんぽみちの巻)

↑無理やり絞りましたが、やっぱり全部好き~!

毎回、新刊がでるのを心待ちにしていたので、とてもショックです。

かがくいさんのとりこになってしまった方、皆同じ気持ちですよね。。

かがくいさんの絵本は、原画展でみているかのような繊細なタッチとナイスキャラの登場、予想外の展開で何度読んでも飽きず、読めば読むほど心が和みます。

もっともっとかがくいさんの絵本が読みたかったです。

とても悲しいですが、ご冥福をお祈りいたします。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。